投資(FX)

マーケットラットレースからの抜け道「ゾーン」

初心者のうちから大勝をする人や連勝してる人が中にはたくさんいます。
ですが、そういう人のうちの大半の方は数ヶ月せずして資金を溶かし辞めていく人もたくさんいると思います。

また、負けていくうちに原因を探していくと思います
中には自分の責任にするのではなく「マーケットが自分の事を見ていて自分がエントリーすると逆に動く」
「状況が悪かった」「あと少しで決済ポイントに届いてたのにおかげさまでマイナスだよ」と様々な
言い訳を見つけて精神的苦痛を免れようとする人が大勢いるのが現実であり、そういう方は負けのラットレースから
抜けれそうで抜けれないのが現実です。
また、負け組トレーダーは敗因を知識不足のせいにして様々な知識をつけようとします。
インジケーターをもっと深く知ったり、チャートパターンを深く知っていったりとしていきます。

ですが、勝ち組トレーダーは負けをマーケットのせいにしたり人のせいにしたりは必ずせず
自分の責任と理解をしています。
自分で全て敗因の責任を持つ人は怒り、悲しみ、苦しみ共に毎トレードのたびに心理が不安定になることはありません。

長年マーケットと向き合っていると気付く人はいると思います。
本当に大切なのは心理であり、精神的な面が一番関係をしていると!

心理的に不安定な人はエントリーをするのに恐怖心を持ち、悩みを持ち、エントリーができなくなり
チャンスをものにできなくなります。
それだけならまだマイナスにはならないのでいいのですが、多数の人は、
待つところで待てなくなりエントリーをしたりと無駄なトレードが増えます

まず一つ言えることはエントリーをした数だけ稼げる世界ではないということです。
そんな簡単にホイホイと稼ぎ続けるのは不可能です。

手法を完璧にすれば、負けを極力減らせるまたは負けなしで勝ち続けれると思っているから手法を手探り探して勉強をしている
初心者も多数いると思います〈自分もそうだったので汗〉

ですが、今だから言えることは手法なんて正直なんでもいいんです。
結局負けトレードは必ず避けられないんです
元々投資を始める前に商材販売する人だったり、広告だったり負けているのに勝っているかのように記事を書くブログには
連勝で勝ち続けれる方法とか、10万を1ヶ月で100万にと脳に自然と投資は一攫千金できるとか
お金持ちになれるとか洗脳されてしまっているから初心者はまず手法探しで時間をたくさん費やしてしまいます。

こうすれば連勝をして負けをなくせるとか思ってしまうんです

この記事をご覧になった悩んでいるトレーダーの方は
まず人間が起こす行動を知るために心理学を学び
行動経済学を知り、勝ち組の共通点を知って真似をするのではなく、
負け組の共通点を見つけて共通点を潰し、後は徹底して自分自身の心理を緩めないことができれば
自然と利益が出てきます。
この本はかなりおススメなので是非本気の方は読んでください。

【新品】【本】ゾーン 相場心理学入門 マーク・ダグラス/著 世良敬明/訳

価格:3,024円
(2018/7/3 21:35時点)
感想(0件)


また、決してしてはいけないことは出先でスマホエントリーです。
これをして利益を積み重ねれるのはごくわずかな猛者です
ただたんにSNSを見たりしてエントリーする負け組は退場しますのでやめることです

実際に僕がしてきたことで退場した理由と、その後辞めたり学んだり気づけば利益が出てきた実際の生の声を
これからもお伝えしていきます
それが結果としてまだまだな僕ですが数多くの方の気づきになれればと思います

セイラー教授の行動経済学入門 [ リチャード・H.セイラー ]

価格:1,944円
(2018/7/3 21:37時点)
感想(5件)



Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial