ビジネス心理学

相手を操る心理戦略。知りたいあなたはもくじの「あいうえお」からお読みください

[st-kaiwa3]相手を操る心理戦略を知りたい方はスキップして、目次の「あいうえお」からお読みください[/st-kaiwa3]

 

[st-kaiwa1]本日は心理学についてお話をしていきます。あなたは心理学についてどう思いますか?[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa2]心理学は、心と体の学問で科学的に研究をしておるのじゃ。心理学を学ぶことがつまりわしそのものを制することが出来るようになると思っておる[/st-kaiwa2]

 

[st-kaiwa1]心理学を学べば人間関係にストレスを感じることはかなり激減される。それに加えて、営業力だったり日々のトーク力も身につき良いことだらけ![/st-kaiwa1]

 

 

[st-kaiwa3]では早速行ってみよう![/st-kaiwa3]

 

「あいうえお」

 

[st-kaiwa3]あなたは、タイトル「あいうえお」からお読みくださいと書いているのを見て、すぐさま「あいうえお」へスキップしたのではないでしょうか?[/st-kaiwa3]

 

[st-kaiwa3]もしそうだとすれば、一つの科学的研究に基づいたテクニックをKOUSUKEがマスターできた事になる。[/st-kaiwa3]

 

 

[st-kaiwa4]それでは本題へ[/st-kaiwa4]

 

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ iconsize=”100″]

心理学つまりメンタリズムの基本として4つがあげられます。

1.観察すること

2.分析すること

3.信頼されること

4.誘導すること

 

[/st-cmemo]

 

まずは観察です。

 

観察とは「見ている」とはまた違った種類のものとなります。

 

観察をする上で必要なのは”意識をすること”です。

 

一緒にいる人の持ち物を観察するのです。

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがポイント[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

例えば、バックを持っていてバックの中からペットボトルや携帯を取り出すときに中がチラッと見える時がポイント。

[/st-cmemo]

 

バックの中には、本の背表紙が見えることがあります。

 

その一瞬から「どんな本を持っているのか」という情報を得られるわけです。

 

自分もその本を読んでいたら、本の背表紙を確認してからしばらく時間をおいて、相手に

 

[st-kaiwa4]「最近、メチャメチャいい本を読んだんですよ!「〇〇」って本ですけど、これ凄いですよ」[/st-kaiwa4]

 

こういうと当然相手は、

「それまさに今自分が読んでいる本ですよ」となります。

 

この会話によって、自分はその人に「自分と同じ感性を持っている人」という印象を持ってもらえるわけです。

 

この会話をする際で最も大事な事は

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがポイント[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]中身が見えてもすぐに言わないのがポイント![/st-cmemo]

 

 

すぐに言ってしまうと相手は気づき「バックの中のぞき見たでしょ」と悟られる可能性が高くなります。

 

これは情報を時間差で利用する「ホットリーディング」と呼ばれる話法に近いテクニックです。

 

分析をする

 

はじめは目に入ってきた人の服装から少しの会話内容から持ち物等情報を仕入れて分析をしてみます

これは観察をした後に、することです。

 

信頼されること

 

これは僕が心理学を学ぶ前から、経験と体験を踏まえて意識して会話の中で取り入れていたことです

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]先ずは「自身の情報を喋ること」[/st-minihukidashi]

 

初めて会う人から久しぶりに会う人に対して自分の家族構成や今抱えている問題を簡単にでも先ずはこちら側から喋ることで、相手の方も次第に自分の情報つまり家族の話や今抱えている問題やあまり人に話さない事もついつい話したくなるのです。

 

そうすることで相手側は「こんなに話しているのは、私がこの人を信頼しているから」と思い始めます。

 

[st-kaiwa1]相手側の個人的な事を聞き出せば聞き出すほど「相手の信頼関係が深くなり壁がなくなる」[/st-kaiwa1]

 

また、「ミラーリング」や「マッチング」といったテクニックも相手の信頼を勝ち取ることができます

 

これはつまり相手が飲み物を飲むと、自分も飲み物を飲む。

 

相手が頭をかくと、自分も頭をかく。

 

このように相手の仕草を真似ることで相手との親近感や信頼関係がよくなります。

 

これは、あなたが親しくなりたい人や恋愛目線で見る異性にすると効果抜群です

 

ただ、これも先程紹介した「ホットリーディング」テクニックが必ず大切です。

 

何よりこのようなテクニックは相手に意識的なことを気づかれない悟られない事が前提としてあることを忘れないように。

 

誘導する

 

[st-kaiwa1]これは知らない間にあなたも実はやっていることだと思います[/st-kaiwa1]

 

「なんだか暑い部屋だな」とシャツの袖をまくると、相手側は「エアコンつけようか」とリモコンを手に取りスイッチを入れるでしょう。

 

あなたは一言も「エアコンをつけてほしい」と言っていません。

 

これが誘導することなのです。

相手の気遣い心やそのほかにも様々な心を心理を使い誘導していくことが可能なのです。

 

 

苦手な相手には「いいところ」よりも・・・

 

[st-kaiwa1]苦手な相手にはよく「いいところを探せ」と先生や大人は言う方が多くいます。 ・・・間違いではないのですが、少し具体的に伝えれていないといった印象です[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]付け加えて、「自分より優れているところ」を探せと言うことです。[/st-kaiwa1]

 

優れているところを3つ探すだけで苦手意識から尊敬意識にかわります。

 

人の心を読むことって結構楽しいと思いましたか

[st-kaiwa2]わしはこれから一日5時間は心理学の勉強をしようと思う[/st-kaiwa2]

 

[st-kaiwa3]この記事があなたのメンタリストへの道のきっかけになった際には僕をまた操ってみてくださいとKOUSUKEが言っています。[/st-kaiwa3]

 

 

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial