ビジネス心理学

リスク回避志向って?あなたの夢を食べる悪魔について

リスク回避思考と聞くと良い意味で捉える人と悪い意味で捉える人の2パターンが存在します

 

この2パターン実はどちらも時と場合によっては正解なのです。

 

そもそもリスク回避思考って?

 

人は基本安心したい生き物。私達は皆全ての事に大丈夫だと認識したいわけなんです。

 

不確定な霧のかかった=リスクと捉える事をできるだけ霧のない確定にしたい。

 

あなたの心の中に不安があると、あなたの行動は無意識に不安を回避する方向を選択し、

常にもしもの不安に備えるための行動が多くなる

 

経営者の場合であったり新たな事業を興そうとしている場合ではこのようなリスク回避思考が必要とされてきます。

 

 

ですが、あなたの常の生活の中でリスク回避思考を常に持ち歩き行動に起こせばあなたが描く未来とは大きくかけ離れる場合がある

 

 

社会人になり就職をした際にも、「お金」にまつわる不安からどうしても「ストレスを我慢して働く」、少しでも「安定」と言われる安心を捕まえたいがために。

 

 

リスク回避とは新たなアイデアに対して事前にリスクを洗い出していくことだけではなく、

実は知らない間に人生をかけて自然とリスク回避するパターンを繰り返して生活をしています。

 

リスク回避思考が働き過ぎている

[st-kaiwa3]何か提案を気軽にしてみるとすぐリスクの話ばかりになる人も結構います。[/st-kaiwa3]

 

リスク回避専門家にでもなれるのではないかと言わんばかりに何事にでもつきまとうリスクをあげていく。

 

 

僕の場合はそういった人達を上手く利用させてもらっています。

 

リスク回避思考を備えている人は多数ですが、アイデアを提案する人は少数なのが現実です。

 

で、あればリスク回避思考にはあえて意識的にならずにアイデアを提案する少数派になるのです。

 

アイデアを考えたら一人で行動には僕は起こさないのでまずリスク回避思考に優れている人達に聞いてもらいリスク回避思考をフルに活用してもらう

 

 

そうすることで自分がアイデアに対して感じたリスクとその人が思うリスクがマッチすればそれを解決する方法をいくつもまた出せば良いだけ。

 

 

そしたらまたリスク回避思考に優れている人達にリスクを洗い出してもらうだけ。

 

 

これ結構採用までに時間かかるように思うかも知れませんが、そもそもリスク回避思考ばかりの人が集まるだけでは斬新なアイデアや提案は生まれずらく結局数日話が進まないことなのもざらに体験してきました。

 

まずはあなたがバカになれ!

[st-kaiwa1]アイデアや提案がしずらい生まれずらい環境が整ってしまっている場合、あなた自身がバカになればいいのです。[/st-kaiwa1]

 

ちょっとしたことでも意見を言いずらい人もいます。

 

 

そういった人達から意見を聞くためには、まず自分がレベルの低いような斬新のアイデアを出してみることです。

 

 

まず意見を出しずらい人達の心理は結局のところリスクを考えているからです。

 

一応いくつかアイデアが浮かんでも間違ったら困ると思ってしまうからです

 

今まで体験した学校教育上仕方のないことだとは思うのですが、、、、

と言うのも学校では間違えた事でも答えてみろではなく、分かった人は手をあげてくださいです。

 

 

そして間違えていれば、「違います」の一言で答えることで皆の前で恥をかく体験をしてしまう。

そんなことであればそもそも発言しなければ恥はかかなくてすむ。

 

そう思えばもちろん発言をして恥を知るより発言をしないで恥をかかないほうがいいですよね。

 

つまり間違ってでも発表ではなく正解を発表をすることが凄いことと学んできているからです。

 

この体験をした状態で大人になって社会人になった結果意見を言えないアイデアが生まれない状態が出来ている

 

だったらまずはあなたが間違いのような斬新なアイデアをどんどん出してみればいい

面白いと思うアイデアって常識や万人受けとは違うところから生まれるモノです。

 

 

あなたが上司で部下に対して意見をなかなか出さない指示された事しかやらないことに不満を持つのは間違い

 

部下が意見やアイデアを出しやすい環境や仕組みを作ってあげることが優先です

 

 

人は変われないと言いますが承認要求を満たせるような仕組み1つでも作ることができればある程度解決する話でもあります

 

僕も実際パートさんに主体性を持ってもらうためにかなり頭を抱えて悩みました

 

上司はパートに主体性を持たせることに「難しい」の一括りですが、それでは解決はしないことを分かっていました。

 

難しいのは自分たちに知識がなく考えることをやめているから。考えることが出来れば解決する話だと確信しました

 

上司がリスク回避思考が強い当たり前

リスク回避思考な上司であれば部下から新たな提案はきっと出てこないであろう。

 

もし提案が出るとしてもリスクを必死に考え抜いた結果だから時間はかかるし斬新な新しいアイデアは生まれないだろう。

アイデアって結構頭の中で考るより人と話しながらの方が良い方向に早く良いように進むと思っています

 

[st-kaiwa4

リスクが実はリスクでなくなる方法がある

][/st-kaiwa4]

 

 

あなたがリスクと思う事はあなたがそのことに対して知識がなくその物事を違う視点から見る引き出しがないだけです。

 

[st-kaiwa1]リスクとは勉強をすればリスクではなくなります。[/st-kaiwa1]

 

 

リスクを先に出したがりがちな人がいますが、リスクよりも前にそのアイデアの魅力やする理由や意味を知ることが優先です

 

リスクを冒してでもやるだけの魅力があるかもしれません。

 

実はその人の考え方を詳しく聞くとリスクと思う事もリスクでなくなる時もあります。

 

まとめ

[st-kaiwa1]あなたが思うリスクは実はリスクではないかもしれません[/st-kaiwa1]

 

あなたがアイデアや主体性が欠けている部下に対して不満を持つのはそもそも自分が原因なのではと疑う

 

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-circle-o” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]ココがおすすめ[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8EAF6″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

リスクとは物事を正しい方向へ導くための方法の一種だと考えています

リスクは物事を行動に起こさないためにあるのではないと思っています

[/st-mybox]

 

物事一つの捉え方で人生は大きく変わります

 

あなたはこの記事を読んでどう感じどう思いますか

LINEを通してメッセージで教えてください

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial