死ぬ時人が後悔すること5選

THOUGHT

死ぬ時人が後悔をすること

『幸せな時間をどれだけ長く送れるか』

 

人は死に際に5つのことを後悔するそうです

 

死ぬ時は必ず訪れます

この記事はあなたが死ぬ時に人生を振り返って後悔しないよう最高の「終活」を案内する内容です

 

後悔その1自分に正直に生きればよかった

 

自分に正直に生きればよかった

  • 期待に応える人生
  • 環境に染まる
  • とらわれる

 

とある終末期の患者さんがいました。
横暴な夫のもとで長年我慢して耐え忍んでいたのですが、死ぬ間際になって
「今までなんで我慢してたのか、もっと勇気を出して自分に正直になればよかった」と後悔していました。

 

最期になって、もっと自分の思うままに生きれば良かったと告白するのです。

今の社会は皆が我慢をしながら生きているため、自分だけが好きに生きようとすると必死に周りは止めてきます

「俺も我慢してんだからお前も我慢しろよ」

 

自分の人生はあなたが決めなければ一度きりの人生の最期に後悔をすることになります

 

その2働きすぎなければよかった

  • バランス
  • 人生の意義
  • シンプルさ

働きすぎて大切な人との時間を過ごせなかったと、またある患者さんは言います。

仕事を優先するあまり本当に大切なものを見失っていたと最期の瞬間に気付くのです。

 

自分の夢のために今時間を使っているのならいいが、それが今を生きるためであれば大切な人ともっと過ごしたかったと思うことでしょう

大切な人(恋人、家族、友人等)との関わりを見直してみてください

あなたの大切な人はあなたを大切に思ってると共にいつも心配してくれています

あなたが幸せでいれているか。あなたがストレスを溜め込んで人生を後悔していないか。

 

その3思い切って自分の思いを伝えればよかった

  • 現実を直視できない
  • 罪悪感
  • 本当の好意

 

これは最後の最後まで自分の本当の気持ちを大切な人に伝えられなかった患者さんの後悔で、共感できる人も少なくないと思います。

 

「ありがとう」「ごめんなさい」

 

もしも、あなたの大切な恋人、親、家族、上司、友人が急死してしまったらあなたは悲しみと共にたくさんの後悔が出ると思います

 

「あの時あんな悪いこと言ってしまったな。今からでも目を覚ませば謝りたい」

「愛してくれてありがとう。とはっきり目を見て最期に言いたかった」

「喧嘩したまま連絡が途絶えた君(友人)にもう一度会ってはっきりと伝えたい事があった」

 

手遅れになる前に、気付きたい事です

恥ずかしさはあります。それでも伝える事がどれほど大切なのかをここでは教えてくれました。

 

その4友人と連絡を取り続ければよかった

 

  • 孤独
  • 本当に友達
  • 友情の大切さ

これは老人ホームに入り孤独な思いをしている患者さんの後悔です。

友人との関係を大切にしとけば良かったということ。

 

この辺は個人差があると思いますが、大切な人と一括りするのなら皆一緒ではないでしょうか。

 

その5幸せを諦めなければよかった

  • 幸せは選べる
  • いまこの瞬間の幸せ
  • とらえ方の問題

 

これは女性で初めて州知事になった患者さんの後悔で、男性社会で戦う中で誰にも負けられないという気持ちが強くなり、人(自分にも)に対して優しくなれなくなってしまったというもの。

幸せに立ち向かうのは、(恐怖・不安)が伴います

幸せに生きるには

 

「終活」のための人生を送ろうとすれば自然と幸せになれるでしょう

5つの共通することは自分に素直でいること

小学生の頃には、出来ていた素直でいる事が大人につれて出来なくなってきます

どうしてなのか?

それは皆が周りに合わせるから。

 

小学生の頃は皆が好きなように遊んでいるから自分も思い切り遊べて世界観を持てる

大人になるにつれて周りの我慢が当たり前になってしまうからどうしても自分も我慢をしてしまう

そこから1%の人間だけは、自由に生きる事ができます

 

今は台風被害や地震等でいつ当たり前の生活が出来なくなるか分からない状態が続いています。

後悔しない人生を準備をしよう!

人気記事初月20万達成した話‐不安な時が人生のピーク