Youtube動画編集

【初心者向け】Adobe premiereProCCでモザイク追従機能を駆使しよう!

モザイクをかけるため1コマ1コマしていくのが今までの仕方でしたが、機能も発達しモザイクを一定の場所にかけると追従してくれる機能が誕生しました。

 

①Adobe premiereProCCモザイク設定

 

対象のクリップでモザイクをかけ始める時間に再生ヘッドを移動します。

⬇︎

左下の赤枠内エフェクト検索欄で【モザイク】検索。

           ⬇︎

ビデオエフェクト→スタイライズ→モザイクがあることを確認。

           ⬇︎

モザイクを左上エフェクトコントロールに持っていく

 

 プログラム画面にモザイクがかかれば正解

カメレオンくん
カメレオンくん
プログラムモニター全体にモザイクがかかりましたね!ここからモザイク追従機能設定をしていくぞっ

 

②Adobe premiereCCモザイクで対象物を囲むまで

カメレオンくん
カメレオンくん
黄色枠がモザイク設定欄です。

 

赤枠内で丸か四角かペンを選択します。

 プログラム画面を確認してください(丸を選択した場合)

対象物を囲ってください

カメレオンくん
カメレオンくん
顔だけ隠してみたぞっ

モザイク2個目を出したい場合はまた、赤枠内の丸か四角かペンを選択すればOKです。

 

このままでは再生したらすぐに顔が見えてしまうので、モザイク追従機能を機能させる必要があります

 

③Adobe premiereProCCモザイク追従機能の仕方

マスクパスの再生ボタンを選択
(マスクが2つ以上ある場合は1つずつマスクパス再生ボタンを押す)

 

トラッキングが終了するまで待つ

完了すればモザイク追従機能が機能していると思います。

 

 premiereProモザイク追従機能が正常機能しない場合

モザイク追従機能が正常に機能しない場合は以下のことが考えられます。

正常機能しない場合
  • 画質が悪くトラッキングが正常判断できていない
  • 正確に囲めていない

もしも上手くいかない場合はクリップをカットして1クリップずつモザイクをかける作業をすれば大丈夫です。(少し手間はかかりますが)

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial